工藤治療院代表の工藤です

 


治療院の情報はたくさんあるけど、一体どこが、私にぴったりなの?」と迷うあなたへ

 

 

CIMG1561.JPG


はじめまして。工藤総体療術院 代表の工藤 信一と申します。

 

私は、今、治療院を18年しております。広島県と山口県で2か所の治療院をしています。
患者さまが抱えるさまざまな悩みや不安に、共通点があることに気づきました

 

 その代表的な6つをあげてみると・・・・                         
 

   ▼治療院ではどんなことをするの?・・・
   ▼昔はよかったのに、なぜ今はすぐ治らないの?
   ▼いやなことを思うと体が悪くなる・・・
   ▼今までいろんな治療を試したけど、なかなか良くならない・・・
   ▼毎日、自分のやる気が出ない・・・
   ▼忙しくて体のメンテナンスができていない・・・


いかがでしょうか?あなたも同じような悩みを抱えているかもしれませんね。
患者さまにとって、毎日のつらさは大変と思います。 
ただ、治らないのには必ず原因があります。治らない原因を突き止め分析し、正しい身体にすれば必ず変化が現れます。

 


治療法を変えない限り、結果は変わりません。

 


「でも、どうやって自分に合った治療法を見つけたらいいの?」
「今の治療法でいいと思うけど?」

みなさんのおっしゃる通りです。でもでも本当にそれでよいのでしょうか?

一体それはどんな方法なのか、ここであなたにその見つけ方をご紹介いたします。

患者さまは一人ひとり、治療の仕方も回数も違います。

病院の診断結果や血液検査だけでご自分の身体をしっかり治すことができるでしょうか?
同じ治療でも個性によって治療方法が違うはずですよね!


 

 

 

あなたの身体はもっと元気になって当たり前です。しかしご自分の身体を知らないために、困っておられる人はたくさんいます

工藤総体療術院では、自然治癒力を100%発揮できるよう指導します。 

もし、患者さまの身体で少しでもご心配なことがあれば、まず私どもにご相談ください。

 

 

次に私の得意分野としては・・・ 

 

内臓の調整と骨格が専門です。」

これまでの治療院での患者さんは、病気だけでなく精神的なものや感情的なものが影響している

場合が多くこれをよくしないと、健康になれないと思います。そのために取り入れたことは、

整体・ヒーリング・波動・催眠療法などを取り入れることにしました。

 

その理由は、わーい(嬉しい顔)ひらめき 

 

それは、自分自身、行列のできる治療をしてきて無理をして

身体を壊し、また健康に向かって勉強した経歴があるからです。

しかし、その勉強はこの綜合腹部式総体療術を極めるために

通らなければいけなかったということです。

 

私が健康になって気づいたことは今まであった私も含め治療家はほとんどの人が

自分のメンテナンスをされていないということです。

それが、体験した証です。

 

ここからは、目ひらめき

治療家になるまでの道のりです。ちょっとご覧ください!

 

1967年8月生まれ  25歳のときに事故に遭い入院中に色んな治療を受けるが綜合腹部式総体療術に出会い劇的に治る。以後、綜合腹部式総体療術、工藤総体療術院を開業する。

「治療を始めて16年になります。今までに日本中、色々な所で治療させて頂きました。
ほとんどの人が胃が下がっていました。胃を戻すことは、病の元を克服する1番大事な事です。」

 私は、昔からひどいアトピーでした。顔中赤くなり、かぶれてうみの出る状態でした。その上極度の緊張症でした。緊張症で人としゃべる時はひどい吃音でした。吃音とは、今で言う「どもり」です。どもりとは、言葉がきちんと言えない症状です。それを私は、何回もしゃべる練習をして克服しました。

  次に私の症状は、アトピーです、人前で緊張して、顔じゅう大変な顔をしていました。そのために、人前に出るのがとてもいやで、どもりがあり恥ずかしくとても嫌な青春時代を送ってきました。しかし、そんなときに出会った空手により精神的には強くなりましたが、ひがんだ考え方は変わらず強い憎しみばかりの毎日でした。しかし、胃を正常な位置に戻すことにより人生が変わりました。

今、思いますが吃音の原因は甲状腺の異常や頭の打撲にあることに気づきました。

 綜合腹部式総体療術に会うことにより、そのひがんだ精神を治す時が来ました。
 なぜ、この治療にであったか…それは。25歳の時に交通事故にあい3か月の入院をした時からでした。その時の自分は、毎週事故ばかりして、その事故が2か月ぐらい続いていました。最後がその事故でした。大型トラックに衝突して、救急車に乗っている時に、またあなたかね・・・と言われました。

困った頃でした。いろいろ両親にご迷惑をかけていましたもうやだ〜(悲しい顔)

結局その事故が私の人生を変えることになったというわけです。その入院中に私は、いろいろな治療院に行ったりいろいろな検査をしました。しかし、体調不良は以前変わりませんでした。その時に出た保険金で、もう治療師になったほうが自分の体は治せると感じました。その間はいろいろな勉強をしてきました。またその勉強した整体の先生のすすめで、広島県のすごい先生を紹介して頂きました。

 その先生とは、年は65歳くらいの女性の先生です。またとても、小さい先生でした。しかしその先生ははっきりの物腰で自信たっぷりの先生でした。また、治療院にはすごい人数の患者さんでした。それを見た時にこの先生はどんな先生だという考えを感じました。そこで、その先生のところで勉強をすることになりました。そこでの勉強は東洋医学でもなく、西洋医学でもなくすごい治療でした。私が一番思ったことはどんな病気でも、同じ治療をするということでした。

 それからの病気に対しての考え方が変わってきました。それから16年の体験はすばらしいものでした。そこで、学んだ治療は胃を正常な位置に戻すという奥の深い治療でした。
この治療で胃を戻すと、身体も変わってきますが心の持ち方も変わってきます。
皆さんも健康を体験して下さい。

 今まで6万人以上の人の胃を戻してきましたがほとんどの人は胃下垂、胃拡張でした。それだけ奥深い治療なのです。

工藤治療院ホーム